名古屋中区松原のピアススタジオ 69Syndicate Bodypierce

69Syndicate ボディピアス スタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ボディピアス】拡張とファッションピアスの危険性【リスク】


あまり取り上げてこなかった、ストレッチについての薀蓄を書いていきます。
まず皆さんは拡張というと、インサーションテーパー(拡張器)をつかって徐々に、
大きくしていく方法をとるかと思います。

良く見かけるのはアクリル製品のインサーションテーパーをそのままつけている方たち。
thumb.jpg
上記の製品はステンレス製ですが、このようなものと想像していただければ。
これ、本来の使い方は「ジュエリーをスムーズに付け替えるために使用するものです。
なのでそのままつけっぱなしにしているのはよくないことなんですね。
なぜいけないかといいますと、

・付属のオーリングがラテックス製の場合アレルギー(重度の場合も軽度の場合もあります。)が出ることもある。
・オーリング密接している皮膚が蒸れてしまいホールが荒れる。分泌液も綺麗に取れないので不衛生になりがち。
・重みで肉芽が形成されやすくなる、または治癒が遅れる。
・何よりアクリル製品はインプラントグレード(体に入れて安全と保障されていない。)ではない。

などのボディジュエリーとしての条件を満たしていないということがいえます。
また最近気になる点としてはハイスピードで拡張していくことのリスク!
これはホントにいけないことですよ!
トンネル
上記は2G~30mmまでのアイレットたちです。
まず注目して欲しいのは2Gと0Gのサイズの違いです。
手頃に買えてしまうジュエリーだと大体このサイズの違いは2mmもあります。
ワンサイズあげるのに2mmも変わるって結構無理があるんですよね。
ここで無理に拡張しようとインサーションテーパーを入れると…
肉が裏返る可能性があります!
脱腸のように皮膚の断面が外に飛び出してしまうんですね。
見た目を損ないますし、なにより傷の断面から感染症のリスクが高まります。

拡張のリスク
↑ちょっと極端な例ですがこのようになる危険性もあります。

怖いですよね。
拡張はかっこいいものでもありますが、どうしても早く大きくしたいって場合は
無理な拡張ではなくスカルペルピアッシング(メスを使用しての施術)で一気に大きなサイズを。
スカルペル
スカルペル
わかりやすい写真が上記ですね。
最悪ピアスホールの位置が浅くて傷の治癒が追いつかずに耳が千切れてしまいますよ。
これは小さいピアスホールに対して重いファッションピアスをつけていることでも起こります。
こうなったらもう縫い合わせるしか手段がありません。
折角開けたホールがそうなるのはとても悲しいことですので、ラージホールを安全に安心できる方法で、
提供いたします。
是非ご相談ください。
怖いかもしれませんが、上記のようになりたくない場合は時間がかかってもプロピアッサーに頼むべきです。
もちろん当店おこなっております。

※僕の経験に基づくものですが、参考になりましたら幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
【69Syndicate】名古屋ボディピアススタジオ&BARスペース
▼ボディピアス、イベントに関するご質問やご相談などお気軽にどうぞ。 Industrial Strength,
Glasswear Studios,Diablo Organics,
Wild cat等厳選したジュエリーを使用しております。
ボディピアススタジオ
愛知県名古屋市中区松原1-14-11ウェスト大須ビル3F
TEL:052-684-6939
Mail:sss-piercing@sand.ocn.ne.jp
電話受付時間/12:00~22:00(木曜定休) メール受付時間/24時間終日

※各種クレジットカード(VASA,MASTER CARD,AMERICAN EPRESS)の使用が可能です。

Facebook:RYUSUKE Piercer
Instagram:Instagram Gallery
Twitter:RYUSUKE Twitter

▼お問い合わせについて
※メールの返信は予約の都合等で遅れる場合がございます。
PCよりのメール返信です、携帯電話の方はドメイン指定の解除などお願いします。
返信がない場合等はお手数ですがお電話下さい。


| 【ボディピアス/アフターケア】 | 16:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ryusuke59.blog91.fc2.com/tb.php/721-a16185d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT